FC2ブログ

日商簿記1級が欲しい人の為のブログ

ゼロから日商簿記1級の取得を目指します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仕訳 ~負債~

今回は負債の仕訳の説明をします。

負債の勘定科目
・買掛金
 売掛金の逆です。売掛金は売ったときですが、買掛金は商品を買ったときにツケた場合に発生する勘定科目です。備品を買ったときなどの「掛けで」という場合には使いません。商品の場合です。
・支払手形
 これは受取手形の逆です。期日までにお金を用意しなければなりません。「手形で支払った」って感じで書かれています。
・借入金
 お金を借りたときに使う勘定科目です。
負債

負債は貸借対照表で見て貸方(右)に書くと増加します。
なので逆に借方(左)に書くと減少します。


例題:買掛金¥200,000を手形で支払った。

まずは勘定科目は何かと勘定科目の種類と金額の増減を考えます。
買掛金の勘定科目は買掛金です。買掛金は負債です。買掛金を払ったので減少です。
「手形で支払った」なので支払手形です。支払手形も負債です。手形で払ったので支払手形の増加です。
なので答えは・・・

(借)買掛金200,000 (貸)支払手形200,000   です。


文字で説明するのは難しい。。。

次は資本の仕訳を説明します。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bokiwoget.blog100.fc2.com/tb.php/7-5b46f9a4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。