FC2ブログ

日商簿記1級が欲しい人の為のブログ

ゼロから日商簿記1級の取得を目指します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仕訳 ~資産~

仕訳とはルールに従って借方と貸方に区別して記録することをいいます。
資産、負債、資本、費用、収益の一つ一つに勘定科目というものがあります。まずは現金が資産、給料が費用など頭にたたみ込みましょう。

資産の勘定科目
・現金
 私たちが使っている紙幣や硬貨など。他には小切手を受け取ったりしたら現金として処理します。
・当座預金
 当座預金の預け入れや引き出しの処理に使う勘定科目です。小切手を支払ったら当座預金として処理します。
・受取手形
 約束手形や為替手形を受け取ったときに使う勘定科目です。小切手の「お金を貰えるまで期間がある」版みたいなものです。
・売掛金
 普段の言葉で言うとツケです。問題には商品を売った時に「掛けで」とかいう風に書いています。
・備品
 棚や机パソコンといった会社で使う物の勘定科目です。
・有価証券
 株、社債などを売買したときに使う勘定科目です。
・貸付金
 お金を貸したときに使う勘定科目です。
・有価証券
 株、社債などを売買したときに使う勘定科目です。
・建物
 店舗や倉庫を仕訳するときに使う勘定科目です。
・車両運搬具
 会社の車。
 資産

資産は貸借対照表で見て借方(左)に書くと増加します。
なので逆に減ると貸方(右)に書きます。


例題:パソコン¥100,000を現金で支払った。

まずは勘定科目は何かと勘定科目の種類と金額の増減を考えます。
・パソコンは備品です。「買った」ので備品が増加したことになります。
・現金はそのまま現金です。「支払った」ので現金が減少します。
なので答えは・・・

(借)備品100,000 (貸)現金100,000    です。

分からなくてもだんだんと慣れていきます。


次は負債の仕訳を紹介します。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bokiwoget.blog100.fc2.com/tb.php/6-05f2c659
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。