FC2ブログ

日商簿記1級が欲しい人の為のブログ

ゼロから日商簿記1級の取得を目指します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

討った時

今回は固定資産を売ったときの仕訳をします。

もういきなり例題でいきます。
例題:建物(所得原価¥10,000,000、減価償却累計額¥6,000,000)を¥3,000,000で売却し、代金は小切手で受け取った。

この問題は今まで間接法で記帳していて、そのものを売ったときの仕訳をします。まず今まで貯めた減価償却累計額を無くします。建物¥10,000,000も無くします。なので答えは、

(借)減価償却累計額6,000,000 (貸)建物10,000,000
   現金 3,000,000
   固定資産売却損1,000,000                となります。

今回は売って損だった場合で、固定資産売却損という費用の勘定科目を使いました。売って利益を得た場合は、固定資産売却益という収益の勘定科目を使います。


固定資産はこんな感じで終わりです。でも2級になったらまた出てきます。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bokiwoget.blog100.fc2.com/tb.php/44-c58bb934
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。