FC2ブログ

日商簿記1級が欲しい人の為のブログ

ゼロから日商簿記1級の取得を目指します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ちょっとややこしいとこ2

前回の続き。

ややこしいですね~。これは今日のうちに頭に叩き込んだほうがいいですよ。

例題:期末の売掛金残高は¥70,000、受取手形残高は¥30,000、貸倒実績率は3%だった。貸倒引当金の残高は5,000だった。

売上債権(売掛金+受取手形)×貸倒実績率-貸倒引当金残高=貸倒引当金
この公式に当てはめると

(70,000+30,000)×0.03ー5,000=-2,000となります。

今回はマイナスなので収益の勘定科目の貸倒引当金戻入を使います。なので答えは

(借)貸倒引当金2,000 (貸)貸倒引当金戻入2,000  となります。


今回はもうちょい。

実際に相手が返せない状態になった時。

例題:新大阪商店に対する売掛金¥20,000が貸し倒れた。貸倒引当金の残高は¥10,000だ。

今回は貸し倒れた売掛金より貸倒引当金残高が少ない場合です。この場合は

(借)貸倒引当金10,000 (貸)売掛金10,000  となります。

売掛金が帰ってこなくなるので売掛金を減らします。


例題:南大庄商店に対する売掛金¥20,000が貸し倒れた。貸倒引当金の残高は¥10,000だ。

今回は貸し倒れた売掛金より貸倒引当金残高が多い場合です。この場合は

(借)貸倒引当金10,000 (貸)売掛金20,000
   貸倒損失10,000              となります。


もうちょいありますがそれは後でします。あんまりいっぺんにしてもわけ分からなくなるので。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bokiwoget.blog100.fc2.com/tb.php/37-f1216747
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。