FC2ブログ

日商簿記1級が欲しい人の為のブログ

ゼロから日商簿記1級の取得を目指します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

うんちん

昨日会社の帰りに雨が降ってたから、久しぶりに電車で帰ったんやけど、梅田(大阪の地名)で明らかに援交やろ!?っちゅうような二人が前を歩いてました。「都会は怖いねー」とか思いながら追い越そうとして、女の方をチラッと見たら、女子高生の制服を着たおばさんでした。やっぱ都会は怖いねー。


今回は商品売買をした時の運賃(発送費)の処理の仕方について勉強しましょう。

普段の仕入の仕訳だったら(借)仕入いくら (貸)なんか いくら  になります。

仕入れて商品を引き取る時に自社負担、相手負担とあります。
自社負担だったら(借)仕入いくら (貸)なんか いくら  となります。この場合は仕入を増加させます。
相手負担で自社が立て替えた場合は(借)立替金(買掛金)いくら  (貸)なんか いくら  となります。買掛金だったら負債を減少させます。


今度は売上の場合です。普段の売上の仕訳だったら(借)なんか いくら (貸)売上いくら  となります。

売り上げて商品を発送するときにも自社負担、相手負担とあります。
自社負担だったら(借)発送費いくら (貸)なんか いくら  となります。発送費は費用で費用を増加させます。
相手負担で自社が立て替えた場合は(借)立替金(売掛金)いくら (貸)なんか いくら  となります。売掛金だったら資産を増加させます。


次は例題を出します。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bokiwoget.blog100.fc2.com/tb.php/26-c2c1921d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。