FC2ブログ

日商簿記1級が欲しい人の為のブログ

ゼロから日商簿記1級の取得を目指します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

当座の仕訳

当座預金を開設したら小切手を使うことができます。でも小切手を使いすぎて当座預金の残高が無くなってしまったら、小切手が使えなくなってしまう事(不渡り)があります。

銀行のサービスでは当座借越というものがあります。

・当座預金
 当座預金は預けても利息がつかない。当座預金があれば小切手を使うことができます。
・当座借越
 もし当座預金に残高が無くて小切手を振り出してしまった時の不渡りを防ぐためにあります。

例題:商品¥100,000を買い、小切手を振り出した。しかし、当座預金残高が¥80,000しかなかったが、当店は取引銀行と当座借越契約(借入限度¥200,000)を結んでいる。

答え:(借)仕入100,000  (貸)当座預金80,000
                    当座借越20,000
となります。

解説:普通だったら小切手を振り出したら当座預金で足りるのですが、今回は残高が¥80,000しかなかったので、「当座借越」を使用します。(借入限度¥200,000)とありますが、これは当座借越が¥200,000まで借りれるということなので、今回は問題ありません。

当座借越から借りていて、当座預金に入金するときは、先に当座借越に返金します。

次回は手形の説明をします。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bokiwoget.blog100.fc2.com/tb.php/17-a049d342
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。