日商簿記1級が欲しい人の為のブログ

ゼロから日商簿記1級の取得を目指します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

転記

今回は処理した仕訳を総勘定元帳へ転記の仕方を説明します。

・総勘定元帳
 総勘定元帳とは各勘定科目別に取引を書いておく帳簿です。これを使えば現金なら現金の増減が一目瞭然です。

総勘定元帳には勘定ごとに次のようなT勘定があります。転記の際には日付、相手方の勘定科目、金額を書きます。
現金

文字での説明は難しい・・・

分かりにくいと思います。どんどん質問ください!
スポンサーサイト

前回の仕訳の答え

答えです。

問一 (借)現金1,000,000 (貸)資本金1,000,000
解説:現金と資本金が発生。

問二 (借)仕入200,000 (貸)現金200,000
解説:仕入が増え、現金が減少。

問三 (借)当座預金100,000 (貸)現金100,000
解説:当座預金が増え、現金が減少。

問四 (借)現金10,000 (貸)売上10,000
解説:現金も売上も増える。
問五 (借)修繕費20,000 (貸)当座預金20,000
解説:修繕費が発生し、当座預金が減る。

問六 (借)売掛金100,000 (貸)売上100,000
解説:売掛金も売上も増える。

問七 (借)受取手形50,000 (貸)売上50,000
解説:受取手形が発生し、売上が増える。

問八 (借)仕入200,000 (貸)買掛金200,000
解説:仕入も買掛金も増える。

問九 (借)現金150,000 (貸)売上150,000
解説:現金も売上も増える。

問十 (借)買掛金200,000 (貸)当座預金200,000
解説:買掛金も当座預金も減る。

となります。
仕訳は慣れなので「問題を読みながら仕訳する」みたいになりましょう。

実際にやってみよう!

さっきのまとめを見ながらでも仕訳をしてみましょう。

問一 店長は¥1,000,000を元入れして本屋花丸を開業した。
問二 商品¥200,000を仕入れ、現金で支払った。
問三 現金¥100,000で当座預金を開設した。
問四 商品¥10,000を現金で売上げた。
問五 台風で割れた窓の修繕費¥20,000を小切手で支払った。
問六 商品¥100,000を売上げ、代金は掛けとした。
問七 商品¥50,000を売上げ、約束手形で受け取った。
問八 商品¥200,000を仕入れ、代金は掛けとした。
問九 商品¥150,000を売上げ、小切手で受け取った。
問十 買掛金200,000を小切手で支払った。


まずどの勘定科目が必要かと、勘定科目が資産・負債・資本・費用・収益どれに入るか、それをT字に当てはめて金額を入れます。

答えは次回。

これは絶対役に立つ

これまで説明した5つの資産、負債、資本、費用、収益をまとめます。

借方にきたら増えるもの
資産

費用

貸方にきたら増えるもの
負債

資本

収益

これを覚えておかないと簿記をするうえで絶対に役に立ちます。

仕訳 ~収益~

収益の仕訳の説明をします。
まずは勘定科目の紹介です。

売上の勘定科目
・売上
 商品を売った時の勘定科目です。
・有価証券評価益
 期末に有価証券の価値が上がってたら評価益になります。
・有価証券売却益
 有価証券を売った時にプラスだった時に使います。
・受取利息
 利息を受け取った時に使います。
・受取配当金
 配当金を受け取った時に使います。

収益

収益は損益計算書でみて貸方(右)に書くと増加します。
逆に借方(左)に書くと減少します。

例題:商品¥100,000を売り、約束手形で受け取った。

商品を売ったら売上です。売上は収益の勘定科目なので増えたら貸方(右)に書きます。
約束手形で受け取ったら受取手形です。受取手形は資産の勘定科目なので増えたら借方(左)です。
なので答えは・・・

(借)受取手形100,000 (貸)売上100,000   となります。

次は仕訳をする時のまとめです。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。